いきいき*せかんど~他施設見学~

いきいき*せかんど~他施設見学~

2016-03-11更新

 

こんばんは。いきいき*せかんどの建石です。

今、就労継続支援B型事業所は新しい事業開始の準備に向けて「他施設見学」をおこなっています。今日は「他施設見学」についてお話していきたいと思います。

就労継続支援B型事業所では現在、先日お話ししたように「高次脳機能障害啓発のための缶バッジ・キーホルダー」を製作・販売しています。これは、B型設立時の目標の一つである「高次脳機能障害を知ってもらう」に該当します。今後は次なる目標である「働く」に向けて準備をしています。それは、食品製造・販売です。

「他施設見学」に向けての話し合いは計4回。目的をすりあわせて気持ちを一つにすることが何度も話し合いを重ねる理由の一つです。話し合いでは、メンバー各々の想いが表れます。~「開店から軌道に乗るまでの経過」「マニュアルはどんなものを使っているのか」「宣伝方法は?」「実際のところ、費用はどのぐらい掛かっているのか」~食品製造・販売に向けて知りたい項目も様々です。

その中で、目黒区役所販売でもご一緒することが多い食品製造・販売の先輩である「かみよん工房」に見学に行きたいという声が挙がりました。「かみよん工房」は目黒区にある障がい者施設(就労継続支援B型事業所)で、食品部の利用者様は主にパンの製造・販売をしています。

かみよん工房ホームページアドレス http://meguro-fukushi.jp/facilities/kamiyon/index.html

去る1月下旬に実際に見学をさせて頂きました。
事前にすりあわせを行っていた質問事項に沿って、職員さんに話を聞いていきます。

メンバー各々、話を真剣に聞く姿勢がみられ、且つ、自発的な質問も行えていました。また、スタッフとしても質問する項目によって、メンバーがどこに興味を持っているのかを知る機会にもなりました。

帰りには「いきいきさんが来るから、張り切って沢山作った」というパンを購入し、帰路につきました。

メンバー、スタッフ共にとても収穫の多い一日だったのではないでしょうか。「かみよん工房」の皆様、ご協力ありがとうございました!今後ともよろしくお願い致します。

皆さんの目標である「高次脳機能障害者だけでなく、他の障害の方・ご家族・地域住民も集える場所を作る」に向けて一歩前進ですね!これからも就労継続支援B型事業所の動向に注目してください!