いきいき通信オンライン40号_#02

いきいき通信オンライン 40号 その2

2018年9月8日更新

高次脳機能障害の就労支援 ~いきいき*せかんど編~

通所施設ではどんな訓練をしているの? 訓練にはどんな目的や効果があるの?
いきいき*がくだい&いきいき*せかんどでの取り組みについて詳しくご紹介します!

目黒区高次脳機能障害者支援センターいきいき*せかんどでは、社会復帰を目標とした自立した生活ができること、職業準備性を向上することを目指し、

❶日常生活の安定 ❷対人スキルの向上 ❸自発性の向 ❹障害の理解、代償手段の獲得

を目的に集団・個別訓練を行っています。今回は❶をご紹介します。※職業準備性とは…職種を問わず、働く上で必要とされること。社会人として当たり前に求められる行動や態度。

❶日常生活の安定

職業準備性ピラミッドの図にあるように、就労をする上では、日常生活の安定が全ての土台となります。どれだけ作業能力が高くても、体調や日常生活が安定しなければ、長く働き続けることはできません。また、再発のリスクも高くなります。高次脳機能障害のある方は、日常生活の中で、以下のような問題が生じることが多くあります。

◎生活リズムが乱れる(就寝時間が遅い、運動不足…) ◎食べ過ぎる ◎お金を使い過ぎる ◎薬を飲み忘れる ◎無理をして体調を崩す 等

そのため、それぞれの方に合わせて、管理する内容・基準を確認し、個別の管理帳を導入しています。例えば、食事量が多く内容も偏りやすい方には、適切な量(1人前)、バランスの良い食べ方(主食・主菜を減らして副菜を摂る、麺類のスープは飲まない等)を確認し、日々管理帳に記録していただいています。

また、ご本人だけで取り組むということではなく、ご家族にもご協力いただいたり、訓練(健康講座等)にてメンバー同士でアドバイスできる場面を設定したりしています。

その結果、食事量・内容を調整する、運動量・歩数を意識して週末に出かける、就寝・睡眠時間を意識して生活リズムを見直す等、意識して実践・管理される方が増えています。 (文・関根)

季節限定レモンビスコッティ販売中!

生地にレモンピールが入って、口の中で爽やかな甘さが広がります。初夏にピッタリのお味で、毎年ご好評いただいている商品です!
販売先:目黒区役所(第1・1金曜 12時~13時半頃)
さんまるしぇ(月~土11:00~19:00 目黒区目黒本町1-14-24)

 


今年のテーマは「サポーターの輪を広げよう」です。皆さんとの交流を通して、支援の輪が広がる記事をお届けできるようメンバー一同頑張って参りますのでよろしくお願いします! (梅澤)

 

NPO会員のご案内会員とは

  • ●NPO会員とは、主に賛助会員で構成され、事業活動を理解・応援して下さる方をいいます。
  • ●当NPO法人の場合、若年性認知症や高次脳機能障害の啓発活動を応援して下さる方が会員となります。
  • ●施設利用の有無に関わらず、応援することができます。

会費

  • 事務局の運営、並びに通信の発行や講座等の啓発活動に使われます。
  • ●入会金…1,000円
  • ●年会費…1,000円