いきいき通信オンライン 43号#01

いきいき通信オンライン 43号 その1

2019年12月27日更新

第43号いきいき通信オンライン テーマ

お互いを知り、地域の課題を共有しながら協力・連携の絆を深めよう

第43号のいきいき通信は、「お互いを知り、地域の課題を共有しながら、協力・連携の絆を深めよう」をテーマにお届けします。今年度は『「絆」を深めよう』を年間テーマに、つながりのある関係機関やサポーターとの絆をより深められるよう、顔の見える活動を通して、高次脳機能障害や若年性認知症について普及・啓発を継続してきました。
10月23日には、今回の通信のテーマに共通する「関係機関とのネットワーク作り」や「連携強化」を目的に開催している「第12回目黒区高次脳機能障害者支援連絡会」を通し、高次脳機能障害の支援の現状や課題を支援者間で共有し、今後の協力・連携体制について検討しました。
今号を通して、読者の方にも高次脳機能障害の方やご家族への支援、連携の大切さを知ってもらうことで、高次脳機能障害の支援のあり方、今後に向けた取り組みを一緒に考えていけたらうれしいです。

 

高次脳機能障害のある方が地域生活を送る上での必要な視点や課題、その解決の糸口とは?

高次脳機能障害のある方が地域で安心した生活を送るには、どのような支援や体制作りが必要でしょうか?
本号では、目黒区高次脳機能障害者支援連絡会内での検討から見えてきた、高次脳機能障害者が地域生活を送る上で必要と考えられる視点や課題についてまとめています。ご本人が生活をする上で困難さを伴うのもさることながら、ご本人の突然の発症・受傷によって、ご本人を支えながら仕事や家事・育児を行うご家族の負担感、長期的に見て回復が見込まれる障害であるため継続して関わっていく支援者の連携など…。医療・介護・障害分野の支援者の多様な意見が挙がりましたので、ぜひご覧ください!

 

目黒区高次脳機能障害者支援連絡会を開催しました!

●日時
令和元年10月23日(水)18:30~20:30
●場所
目黒区総合庁舎2階 大会議室
●内容
1)各報告
・東京都区市町村高次脳機能障害者支援促進事業支援員連絡会報告
・2018年度高次脳機能障害者支援促進事業実績及び2019年度計画
・参加関係機関からの高次脳機能障害における各施設、団体より報告
2)事例報告
「受傷後長期経過し、生活再建に向けて区内支援者で連携を試みた事例」
3)意見交換

それって「病識」の問題?

高次脳機能障害の症状のひとつに、「病識の欠如」があります。ご自身では「障害を認識できていない」という状況を指します。この「病識の欠如」が家族や周囲の悩みの種になることが少なくありません。ただし、元々持ち合わせている性格や、当事者が理解できる説明を周囲ができているのかなど、病識に起因しない問題の影響も考えられることも念頭に置き、改めて丁寧で総合的なアセスメントする大切さについて意見が挙がりました。

家族が孤立しないサポート体制を

40~50代の働き盛りの発症であると、介護者である家族も仕事や育児など多忙な生活を送っています。病院に来る時間もとれず、身近に相談出来る人もなく、孤立してしまう状況も少なくありません。現状へのとまどいや気持ちの揺れも大きく、当事者と併せてご家族も含んだ一体的なサポート体制作りを心がけていく必要があります。同じ境遇の家族同士が集まる機会を作ることで、家族の意見が届いてくるようになったとの体験談もありました。

地域で埋もれさせない切れ目のない支援を

発症・受傷から日が浅い急性期では、障害の有無の見極めが難しく、高次脳機能障害の診断がつかないこともあります。しかし、退院して、見守りのある院内での環境下を離れ、社会生活に戻ると、生活上の支障が表面化して障害が見えてくることがあります。そういった退院後の事態に備え、退院時に高次脳機能障害の啓発リーフレットを渡し、何か気になったときに相談できるつながりを残したり、退院した後も必要なリハビリが受けられるように受け皿を確保している病院もありました。

地道に長期的な連携を続けよう
高次脳機能障害の支援において、なぜ支援者間の連携が必要なのか、改めて立ち止まって考えてみる機会となりました。発症から長期経過を経た当事者の声に耳を傾けてみると、「発症当時は頭がすっきりしなくて考えたことがすぐに出てこなかったが、今はすっと出てくるようになった」と、述べられることがあるとの話がありました。ここからわかることは、高次脳機能障害は、長期的な経過をたどりながら少しずつ回復していく特徴のある障害であるということです。回復には時間を要すため、周囲は地道に連携しながら支援を継続していくことが求められるのです。
まとめ

<<<その2へ続く