いきいき通信オンライン39号_#01

いきいき通信オンライン 39号 その1

2018年1月12日更新

サポーターになってみませんか?

今年度最終号のいきいき通信は、「サポーターになってみませんか?」をテーマにお送りします。1年間「サポーターから広がるつながり」をテーマに、さまざまなサポート方法を紹介させていただきましたが、今号でも「高次脳機能障害に関するイベントに参加する」・「福祉施設の製品を購入して障害のある方の就労を応援する」・「身近な場所で当事者の方と交流して一緒に楽しむ」など、気負わずにできるサポートをお伝えさせていただきます。

いきいき通信を読んで下さった方が、「これだったら自分にできるかも!」とご自分に合ったサポート方法が見つかったらうれしいです。

サポーター①高次脳機能障害に関するイベントに参加する

「高次脳機能障害フェスタ開催 ~第10 回高次脳機能障害者支援セミナー~

まず、サポーターの1つとして「高次脳機能障害に関するイベントに参加する」という方法をご紹介します。

目黒区高次脳機能障害者支援センターでは、高次脳機能障害の啓発事業として「高次脳機能障害者支援セミナー」を毎年開催しています。今年度は10回目の記念開催となるので、「高次脳機能障害フェスタ」と題し、誰でも気軽に楽しめるフェスティバルとして企画しました。当日は、国立障害者リハビリテーションセンターから講師を迎えての基調講演&当事者参加の就労支援のシンポジウムにより、「高次脳機能障害ってどんな障害?」「どんなサポートがあればよい?」「当事者・家族はどんなことに困っている?」などについて考える機会と、販売ブースも用意します。また、シンポジウム参加企業のご協力により、料理の鉄人でおなじみの坂井シェフ考案「食べておいしい脳健康レシピ」の配布もありますのでお楽しみに!(※当日坂井シェフは来場しません)

 

サポーター②障害のある方の”働く”を応援!

~身近な地域機関の方々にインタビュー~

「めぐろ地域福祉のつどい」を主催している社会福祉法人 目黒区社会福祉協議会 総務課・総務係の土屋梓様にお話を聞きました。

Q1:めぐろ地域福祉のつどいを通して地域の福祉施設の取り組みをどのような思いで応戦していますか?

福祉という世界にあまり関わりがない人も、福祉施設の自主製品においしいお菓子やかわいいグッズがあることを知ってもらい、少しでも福祉に興味を持つきっかけになれば良いなと思っています。また、当事者の方が実際に販売しているので、普段当事者の方と関わりのない方が交流する機会として、こういったイベントはお互いにとって大切だと思っています。

それぞれの施設の自主製品を購入することで、製品を作った方の工賃につながるので、今後もイベントを通して障害のある方の働く応援をできたら良いですね。

Q2:これからめぐろ地域福祉のつどいに参加する方へ!

福祉施設では一般の方が手に取りやすいように開発した製品がたくさんあります。イベントに参加した際は、ぜひ手に取ってサポーターになっていただけたらと思います


めぐろ地域福祉のつどいとは

目黒区社会福祉協議会主催で、毎年10月に中目黒駅前で実施しているイベントです。福祉関係施設やボランティア団体による出店、体験コーナーやステージイベントなど楽しめるブースが多くあります。各施設・団体が一体的にPRを行うことで、地域福祉の魅力を一般の方に伝えて参加をよびかけること・住みやすい地域作りを目指していることを知ってもらうことを目的として、実施しています。

いきいき*せかんどでの販売の様子。当日ビスコッティとマフィンは完売でした。

 

サポーター③ 当事者との交流を一緒に楽しむ!

~身近な地域機関の方々にインタビュー~

5月開催の「館まつり」や11月開催の「スポルテ目黒13周年記念イベント」を主催しているNPO法人スポルテ目黒(以下スポルテ目黒)所属の目黒区立碑文谷体育館・副館長の小林一政様にお話を聞きました。

Q1:イベントを通じて、地域の福祉施設とどのような交流を目指していますか?

スポルテ目黒としては、総合型地域スポーツクラブということを広く理解してもらい、なおかつ活用してもらいたいと思っています。イベントを通じて、上記の運営目的を果たすことができ、また、地域の体育施設(碑文谷体育館)としても福祉施設との活動・作業を地域住民に知ってもらうことができます。福祉施設と互いに支えあう良い関係を築くことで、地域に根付いた共存関係ができれば良いと願うものです。障害のあるかたたちが、一生懸命にボランティア作業・販売活動などを行っている姿を地域の方々は大変微笑ましく見守っています。一緒に関わり理解する事で、前向きな心持ちに成って頂ければと思います。

Q2:これからスポルテ目黒に参加する方へ!

自分ができることで障害のあるかたに関わることがすでにサポートなのだと思います。そういう機会を見過ごさずに、ぜひ一緒に参加して下さい。


スポルテ目黒とは

「いつでも、だれでも、いつまでも」を基本に、スポーツ・レクリエーション・文化活動に親しめる環境づくりを行うとともに、 地域住民の健康づくりに寄与することを目的として活動している総合型地域スポーツクラブです。
目黒区の指定管理事業として碑文谷体育館の運営も行っています。

28年のイベントでの販売の様子。地域にお住まいのたくさん方々に知って頂けました。