いきいき*せかんど~新しい受注作業を開始しました~

いきいき*せかんど~新しい受注作業を開始しました~

2016-12-19更新

 

こんにちは、いきいき*せかんどの高山です。

 

就労継続支援B型は「働く」「高次脳機能障害の啓発」「地域との交流をもつ」をスローガンに活動をしています。

以前のブログ(2016年9月28日)でも紹介させて頂きましたが、活動のひとつに受注作業があります。
当施設の受注作業は「コースター封入」「バレンタイン用ラッピングバック封入」「バルーン準備」等を行ってきました。

10月より、受注作業に新しい仲間が加わりました!
それは地域情報誌の配布です!
皆さんのご自宅のポストにも地域情報誌が入っていることはありませんか?
中を開くと、近所のパン屋さんや美容院などのお店情報から求人情報まで様々な生活情報を知ることができます。

地域情報誌の作業内容には大きく分けて①折り込み②配布の2つがあります。
折り込み作業では「段取り良く進める」「正確な作業を行う」目的で作業手順書を用いながら1つ1つ作業を進めていきます。地域情報誌を手に取った時の事を思い描きながら丁寧な作業を心がけています。

 

配布作業では2人1組のグループに分かれて行います。1人は地図で配布ルートを確認しながら道案内を行い、もう1人はポストへ投函します。ペアの相手と声を掛け合いながらのチームプレイです。
道すがら、近所住民の方とすれ違った際には「こんにちは!」と挨拶をして、地域の方とのつながりを意識しながら配布をして

この様に地域情報誌の作業内容をみてみると、就労継続支援B型のスローガンである「働く」「地域との交流をもつ」の要素をしっかりと含んでいる事が分かります。

今までの受注作業は室内で行う内容がほとんどでしたが、外に出て身体を動かしながらの作業にメンバーさんは「疲れるけど、頑張ります!」と意欲的に取り組んでいます。

是非、今度ポストを開き、地域情報誌を手に取った際にはメンバーさんの作業を思い出して頂けたら嬉しいです。