目黒区高次脳機能障害者支援センター

メインイメージ画像

目黒区高次脳機能障害者支援センター


 

高次脳機能障害の相談

目黒区高次脳機能障害者支援センターで相談をお受けいたします。
日常生活の過ごし方、社会生活の適応について、病院情報、訓練・リハビリテーション情報など、その他お困りのことをお気軽にご相談ください。

高次脳機能障害支援促進事業

目黒区高次脳機能障害者支援センターは、目黒区による高次脳機能障害支援促進事業の一環として、目黒区から委託を受けて相談支援を行っています。

相談支援

社会福祉士、精神保健福祉士、作業療法士など高次脳機能障害専門の相談支援員がサポートいたします。

高次脳機能障害とは

脳卒中(脳梗塞・脳出血・クモ膜下出血)脳炎・低酸素脳症など脳にダメージを受けた場合・事故などで脳に損傷を受けた場合(頭部外傷)などの原因で高次脳機能障害となります。 高次脳機能障害の方は、各種障害者手帳の交付を受けることができます。 原因となる病気・事故の経験があり、かつ下記の症状がある方はご相談ください。

高次脳機能障害の症状

記憶障害
新しい仕事が覚えられない
逐行機能障害
いきあたりばったりが多く、計画して実行ができない
注意障害
仕事や勉強に集中できない
左半側空間失認
左側にぶつかる、見落とすことが多い
社会行動障害
食べる・買い物などの欲求が抑えられず子供のようになる。怒りっぽくて、人とうまくつきあうことができない。

※高次脳機能障害者に対する支援の充実を目的として、パンフレット「高次脳機能障害の理解と支援の充実をめざして」が東京都心身障害者福祉センターから発行されました。

目黒区高次脳機能障害支援セミナー・目黒区高次脳機能障害サポーター養成講座

年1~2回講師を招いて研修会・サポーター養成講座を開催していますので、知識を深めたい方はセミナー講座に参加ください。

目黒区高次脳機能障害支援連絡会

目黒区高次脳機能障害支援連絡会、近隣の医療機関、区の関係部署、区内事業所などが連携を深め地域の仕組みづくりを考えていくための会議を開催しています。
過去の会議

地域認知リハビリテーション研究会

退院直前・退院後の高次脳機能障害の人の地域生活安定に向けて事例検討会を開催します。支援方法に悩む入院からスムーズに地域につなげたい事例について、医師、NS、PT、OT、ST、ソーシャルワーカー、保健師たちが支援プログラムを検討します。
過去の事例
今年度の開催日
事例検討会参加希望および提供希望の方